今日の体調に合わせた入浴法を提案

おふろカレンダー

医師✕日本気象協会監修 入浴サービス

登録する

※サービス利用には登録が必要です。
登録はスマートフォンからお願いします。

登録する

サービスの利用には会員登録が必要です

おふろカレンダーとは おふろカレンダーとは

入浴提案イメージ

温活モード

体調入力画面 入浴提案画面

体調入力画面

入浴提案画面

気象病モード

体調入力画面 入浴提案画面

体調入力画面

入浴提案画面

医師監修

早坂信哉

医師 博士(医学)
温泉療法専門医 
早坂信哉

お風呂・温泉と健康の関係を医学的に研究している医師。 1993年自治医科大学医学部卒業、2002年自治医科大学大学院医学研究科修了後、浜松医科大学准教授、大東文化大学教授などを経て、現在、東京都市大学人間科学部学部長・教授。一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所所長。博士(医学)、温泉療法専門医。「ホンマでっか!?TV(フジテレビ)」等メディアにも多数出演。

気象データ監修

日本気象協会

登録は簡単3ステップ

情報を入力

情報を入力

プロフィールとログインIDの入力、使用するモードを選択して登録ボタンをタップ。本登録用のメールが配信されます。

本登録URLをクリック

本登録URLをクリック

メールに記載されている本登録URLをタップし、登録が完了します。

入浴提案を受ける

入浴提案を受ける

おふろカレンダートップから「今日の入浴提案を見る」をタップし、利用を開始しましょう。

登録のメリット

おふろカレンダー利用の他に、ノーリツからのお知らせやオトクなキャンペーン情報を配信していますのでぜひご登録ください。

登録する

※サービス利用には登録が必要です。
登録はスマートフォンからお願いします。

こんな方におすすめ

健康のため、毎日おふろに
浸かることを習慣化したい

季節にまつわる心身の悩みをおふろで緩和したい

おふろで温活楽しみたい

体調に合わせた正しい
入浴法
を知りたい方

おふろカレンダーで
できること

温活モードでできること

その日の入浴時間に合わせた消費カロリーの計算、 基礎体温のグラフ化

入浴時間に合わせて消費カロリーを自動で計算、グラフ化します。

基礎体温もグラフ化し過去の状況を遡って確認できるので、生活習慣の見直しに繋がります。

気象病モードでできること

日本気象協会の気象データと連動した入浴方法の提案

日本気象協会の気象データと連動し、その日の気圧や気温差、暑さ指数など季節にまつわる心身の悩みをリストアップ。その日の体調に合わせた入浴法を提案します。

登録地の気象状況に合わせた悩みをリストアップするので、お住まいの地域にあった入浴法提案を受けることができます。

2モード共通でできること

医師からの入浴アドバイスコメント、体重のグラフ化

選択した体調に応じた医師からのコメントが確認できます。おすすめの温度や時間だけでなく、コメントに応じた入浴をすることで体調改善に繋がります。

また、過去の体重をグラフ化して確認できるので、生活習慣の見直しにも繋がります。

医師からのコメント例

温活モード

飲酒が睡眠の質を下げます。少しお酒を減らして、おふろに入り良い睡眠をとりましょう。睡眠の90分前の入浴がおすすめ。入浴は酔いが冷めてから!

気象病モード

気圧の変化で交感神経が高まり、疲労が出ることも。ぬる湯で副交感神経を高めましょう。睡眠の1-3時間前に入浴し、良い睡眠を心がけましょう。 寒くなってきた時は、帰宅後すぐに手湯(42℃10分)もやってみましょう。

登録する

※サービス利用には登録が必要です。
登録はスマートフォンからお願いします。

登録する
おふろのじかん

いつものおふろがもっと楽しくなる♪
おふろのじかんは毎日の入浴が
楽しくなる情報が満載です